TOPがんばる企業 > 株式会社餅文総本店

がんばる企業

伝統を守りながら新しい「ういろ」にチャレンジしていきたい!!

カテゴリー:その他 / 

株式会社餅文総本店
私共餅文総本店の使命は、老舗として伝統を守りつつ常にお客様に喜んでいただける商品づくりをし続ける事だと考えております。お客様の声を第一に、自己満足する事なく商道に励み、和菓子業界の先駆者になるべく常に新しい感覚・感性を大切に、あらゆる所にアンテナを立てて商品開発をしていきたいと考えております。どうぞ、御期待下さい。

サービス・業務内容

創業1659年・・・
餅文総本店は万治2年(1659)創業。

ういろ製造の経緯は、諸説ありますが、尾張藩2代目藩主徳川光友に仕えた陳元贇が藩の御用商人だった初代の餅屋文蔵に製法を伝えられたのが始まりとされています。
伝統を守りつつ、新しいういろにチャレンジしていきます!
独特の風味ある餅文のういろは全商品手づくりで生地をつくっています。午前5時、冬の身を切るような寒気に包まれた工場、夏蒸されるような暑さに包まれた工場の中、ういろづくりは始まります。
工場内に冷暖房設備がないのは、外気の温度を人工的に変えることは味づくりには禁物だからです。

手づくりういろは生地づくりから仕上げまですべてういろ職人の目とカンだけが頼りです。ういろづくりはまず容器に入れた湯に砂糖を溶かし、これに米粉を入れて温度が下がらないうちにすばやくまぜます。言ってしまえばごく簡単ですが鉄則を怠ると、独特のあの歯ごたえがなくなってしまいます。

スタッフ紹介

この人に注目!

石塚 慎吾
取締役副社長
石塚さんが入社したのは今から17年前のこと。ういろ作りが大好きで、これまでにカレーういろ、モロヘイヤういろ、ココアういろ、きなこういろ、イカスミういろ・・・等、いろいろな新しいういろ作りに励んでおられます。

これからも社員一同、伝統を守りながら新しいういろづくりをチャレンジしていくそうです(^^♪
編集後記
今回は名古屋でも、とっても有名な老舗中の老舗!餅文総本店さんを取材してきました(^^♪副社長の石塚さんの「ういろう」に対する想いは、とっても熱く、素敵でした~。

しかも取材終了時に、な、な、なんとお土産まで頂きました(^^♪とっても美味しい鬼まんういろを頂き、会社のみんなでペロリと食べてしまいました。石塚さんのご好意に心から感謝です!!!次回の私の帰省時はこの鬼ういろを実家のお土産として購入させて頂きます。ありがとうございました。
(インタビュアー:しょこちゃん)

会社基本情報

社名 株式会社餅文総本店
所在地 名古屋市熱田区池内町5-12
電話番号 (052)884-0080
メールアドレス
ホームページ

http://www.mochibun.co.jp/index.htm